MENU
ちここ
小学生男子の親バカーンな40代母ちゃんです。小心者の心配性。防災に興味津々、子どもについては普段の外出から未来まで、大丈夫なのか?!と憂い、老後が心配という理由で筋トレをし、年金が心配で貯金派返上、投資資産運用にチャレンジ。心配性ながら「攻める守り」を目指して精進中です
ずぼら主婦がこども・くらし・健康・家計をまもる防御系ブログ

ほぼ日、ジブン、フランクリン。私の手帳遍歴と個人的比較

手帳、お好きですかー?

2022年の手帳、決まりましたか? 最近の手帳ブーム、すごいですよね。どれだけ種類があるのかしらん。新しいブランドもたくさん出てきて迷うところ・・・

個人的にはトラベラーズノート のマンスリーに落ち着いています。来年で9年目。トラベラーズノートを選んだ理由や中身、使い方についてはこちらに書きました。

ただ、私の場合は「1ヶ月分を一覧でみないと上手くスケジューリングできない」という性格らしく、無理矢理マンスリーに詰め込むやり方です。バーチカルがいい、1日1ページがいい、それぞれ合う合わないは違うと思います。

今回は私の手帳遍歴から個人的に「合わなかった点、失敗した点」をご紹介します!

反面教師的に参考にしていただければ幸いです。

目次

自己啓発手帳 フランクリンプランナー

「7つの習慣」という本、昔ヒットしましたよね〜。その本がベースとなる手帳術です

・・・って久々に検索してみたところ、今関連本がめちゃめちゃたくさんあるんですね!!!

原書訳読みましたけど結構ボリュームがあってとっつきにくかった記憶があるのですがこれはよさそう!

小学生くらいからなら子どもにも読ませることができそうです。この機会に私も読みなおしてみよう〜。

フランクリンプランナーは3年ほど使ってやめたのですが、基本の考え方は非常に参考になり、今でも頭の片隅において意識はしています。

自分の人生にとっての大事な目標、目的から優先して予定に入れていく。「大きな石から入れる」ことを大切にする手帳ですよね

緊急で対応しないといけないタスクは日々発生するので処理する必要がありますが、そればかりをこなすスケジューリングではなく、大きな目標につながる事に割く時間を大切に。ということを日々ランクづけして可視化します。

余命一年あったら何をするかリストとか、あと100年あったら何をするかリスト、とかを作って人生の棚卸しみたいなこともさせられ(?)ます。

正直、完璧に使いこなすためには相当勉強、努力が必要な気が・・・

ここでいう「第II領域」が「大きな石」になります。ここに如何に時間を割けるかが人生大事!

  • 「大きな石」、7つの習慣の考え方を叩き込むきっかけになった
  • 100年人生リスト、余命1年リスト、自分の役割と達成目標等を考え抜くことができた
  • ちょっと意識高い系になれた気がした(笑)
  • 小さいタイプ(ポケットサイズ)を選んでしまった(書きにくい・・・)
  • バインダーのリングが邪魔で気になる・・・・(ようは書きにくいのをえらんでしまった)
  • マンスリーページのみ活用、デイリーページはほぼタスク書き(しかもランク付がちゃんとできてない)になってしまった
  • 型が決まっていて、本当に使いこなすには時間と技術が必要
  • 高い・・・

フランクリン使いこなせている方がいらしたらぜひコツを教えてください・・・。使いこなせたらとてもよい手帳だと思っています!

大人気 ほぼ日手帳

今では定番になっていますね!10年くらい前に3年程使ったかなー。

コロンとしたサイズと(基本のタイプ)お洒落なカバーが選択できるところに惹かれて使っていましたが・・・

例によって埋まるのはマンスリーばかり・・・

デイリーページは

こどもの落書き帳!

これはこれでいい想い出ですけどね。

  • パタンと開いてとても書きやすい!
  • 自由度が高い。形式に縛られない使い方が出来る
  • なんといっても可愛い!!
  • やっぱりマンスリーしか活用できなかった・・・
  • ちょっと高い

いや、手帳にNGなところはほぼ無い・・・私が1日1ページを使えなかっただけですねこれは・・・

一生つかえる ジブン手帳

ほぼ日を他の方々の事例のようにステキに使いこなせず、挫折感たっぷり〜の次に手を出してしまったのが「ジブン手帳」です。

自由度の高いほぼ日から・・・人生設計表、人生でやりたい100のリスト・・・ってあれ、フランクリン回帰的な?

懲りずにまた「これで人生変わるかも!!!」と買ってしまったのですねー。

大きさも丁度よく、フランクリンのようにバインダー式でなくパタンと開く書きやすい。いいとこ取りでは?!

・・・しかし1年のみの使用となりました

いいとこ全部取り、みたいでとてもいい!と思ったのですが、どうもマンスリーの升目のデザインが好みではなかった・・・・記入して楽しくなかったのです・・・。何故だ・・・。

問題のマンスリー。特に問題なさそうなんですが・・・

うーん・・・どうも日にちのデジタルなデザインと文字の薄さが好みじゃなかった・・・。

あと紙の裏移り度が若干高かった(筆圧高いんです・・・)

細かいこと言うなよーという感じですが。書いてて楽しくなかったので仕方ありません。

  • 人生設計表には家族の年齢と発生するイベント、達成したい目標などを具体的に書くページがあり、「人生あとこれだけなの?!?!」という有限感を感じることができた。(この表はとてもオススメです!)
  • フランクリンの思想とほぼ日のパタンと開く書きやすさ、グリッド形式。いいとこ取り。他にも盛り沢山
  • 私的にデザインが好みではなかった・・・
  • あとやはりバーチカルをうまく使いこなせなかった・・・

4種手帳のマンスリー比較

左から小さいのがほぼ日、大きいのがトラベラーズ、トラベラーズの下にフランクリン(ポケットサイズ)、右端がジブン手帳。

・・・如何でしょうか。どの手帳に書いてみたいですか?

・・・もしかして私は単に罫線とかグリッドがキライだったりして・・・

来年はグリッド・罫線なしの新しい手帳を探してみようかな!

なんにしろ自分にとって書きやすい、使いやすい手帳が一番です。

皆様の来年の手帳探しの何かの参考になれば幸いです。

それでは また!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小学生男子の親バカーンな40代専業主婦母ちゃんです。小心者の心配性。防災に興味津々、子どもについては普段の外出から未来まで、大丈夫なのか?!と憂い、老後が心配という理由で筋トレをし、年金が心配で貯金派返上、投資資産運用にチャレンジ。心配性ながら「攻める守り」を目指して精進中です

コメント

コメントする

目次
閉じる