MENU
ちここ
小学生男子の親バカーンな40代母ちゃんです。小心者の心配性。防災に興味津々、子どもについては普段の外出から未来まで、大丈夫なのか?!と憂い、老後が心配という理由で筋トレをし、年金が心配で貯金派返上、投資資産運用にチャレンジ。心配性ながら「攻める守り」を目指して精進中です
ずぼら主婦がこども・くらし・健康・家計をまもる防御系ブログ

【関西お出かけ】大人気!こどもの森中之島図書館(大阪)

本は人生最大の娯楽、友達、先生。なんでもいいから本を楽しめる子になってほしい!

そう願いながら日々、図書館の本をマキビシのように床に巻き散らかし、子どもホイホイを実践している ちここです。

本、特に絵本は高額なので、なかなか満足に買い足す訳にもいかず、図書館にはお世話になりっぱなしです。先日、友人のお誘いで 予約が取れない!大人気のオシャレ図書館 こどもの森中之島 に行くことができました。

図書館が大人気で予約取れない・・・???

そうなんです!こちらの図書館、2020年7月にオープンしたのですが、予約サイトがアイドルのコンサートか、はたまた今でいったらgo to キャンペーンのくら寿司か!くらい予約殺到で取れない!図書館なんです。

現在は新型コロナ対策で半月に一度、次回事前予約の日を設けて運営されているのですが、指定の日の朝10時に予約を試みましたが。

何度リロードしても10分間全然つながらず・・・

恐るべき人気っぷり。なんとか15分後にアクセスできました・・・。

場所は大阪きってのお洒落エリア中之島。陶磁美術館の隣にありました。電車で行くなら京阪のなにわ橋駅か阪急の北浜駅でしょうか。今回はありがたいことに友人が車を出してくれたので楽々移動でした。感謝!

建物の雰囲気はこんな感じ。

 

階段を登ると大きな青リンゴのオブジェ。子ども達、かじるような感じで記念写真。

入口のテラスでひときわ目を引く、大きな大きな青いりんご。これは建物寄附者である建築家・安藤忠雄氏によるオブジェです。米国の詩人、サムエル・ウルマンの詩「青春」をモチーフに、「若さとは、年齢でなく心の持ちようだ」というメッセージに共感し、安藤氏自身がデザインしました。『挑戦心にあふれる青春のシンボルとして多くの人に触れてほしい』との願いが込められています。

年齢ではなく心の持ちようだー!

入り口で予約メールを提示し、手の消毒、検温、あと手首にグリーンの紙のベルトを巻きました。館内の人数は75名(2020年11月現在)、厳密に管理されています。

「言葉の彫刻」という本の中から印象的なアフォリズム(短文)を抽出し、その立体文字を空間に浮かぶように掲出しています。

3階からの景色。本がたくさんありますが広々とした空間。

階段に座りながら本が読むのもいいかも。

ジャンル別に並ぶ本達。高いところに展示されている本は実際は手にとることはできないのですが、同じ本が下段に並べられているので、展示されている本は全て読める、という仕組み。確かにこのように表紙をみることが出来ると重ねて立て掛けられているよりも目を引いて興味が湧きますね。

リバーサイドで川を時々眺めながら読書!ステキ〜。90分じゃ足りないですよね。

自分で自分を決定する力、大事!

個人的には一番奥まった小部屋?の蔵書が気に入りました。大好きな絵本「まばたき」が。(女の子の顔がアップになっている本です)

¥1,430 (2021/09/11 17:34時点 | Amazon調べ)

特に大人は雷に打たれたような衝撃を覚える絵本だと思います。ぜひ。

小学生数名で行ったのですが、それぞれ好き勝手に静かに集中して本を読んでいて、いい空間にいさせてもらったなあという感じでした。マンガも置いてあって園児が鬼滅の刃コーナーに群がってたとのことでした。

絵本が好きな子、たくさん読ませる予定のパパさんママさんにはブクログでの記録、オススメします。後々めちゃくちゃ役に立ちますよ〜!我が子は2歳過ぎ頃から記録を始めて1500冊くらいになりました。↓

90分、あっという間でした!時間があれば川辺のお散歩も気持ちいいですよ〜!


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小学生男子の親バカーンな40代専業主婦母ちゃんです。小心者の心配性。防災に興味津々、子どもについては普段の外出から未来まで、大丈夫なのか?!と憂い、老後が心配という理由で筋トレをし、年金が心配で貯金派返上、投資資産運用にチャレンジ。心配性ながら「攻める守り」を目指して精進中です

コメント

コメントする

目次
閉じる