【無益記事】NYに行きたいかー!で、小さすぎる夢敗れた話

スポンサーリンク

10代で口ずさんだ歌を、人は一生、口ずさむ

私事ですが、本日Amazon Music Unlimitedの無料期間が終了しました。悲しみ。

3ヶ月あるし〜とロクに使っていなかったのですが、いよいよ今日最終日を迎え、

「やばっ!なんか聴きたいのあったっけ?あれ、この人こんなカバーもしてるんだ!いいじゃなーい!」などと衣替えをしながらエプロンにiPhone入れて聴いていたのですが、20:30頃さっきまで色鮮やかだった曲のタイトル達が突然ブラックアーウト

まるでブラックボンビーにやられた社長やないかーい!

さよならは突然に。今日までって言ってたじゃなーい。一日待ってくれてもいいのにー(多分20:30頃申し込んだんだろな?)

悲しい。でも課金する程集中して好きな音楽をヘッドホンで聴くことも多分、そうそう無い。

なんでしょう、そんな余裕がない訳ではないはずなんだけど、昔の曲ばかり聴くのもなんだな、でも新しい曲に感動することもそうそう無くなってきたし・・・年齢ってやつですね。なんでも人は十代に聴いていた曲を一生聴き続けるとか。

学生の頃ハマっていた一枚なのですが、ジャズ、フュージョンです。オサレな感じです(私は全く持ってオサレではありません)何というか、、、豊潤?人生の幸せ豊さこれ聴けばここに極まれり!みたいなアルバムです。私にとっては。豊潤すぎてキラキラすぎてなのか、心が疲れ切ってる時にはちょっと胸焼けするので遠慮しときます、、、な場合もあるのですが。夜、少し余裕がある時に聞くとNYにいるんだぜ!みたいな気分に勝手に一人でなっていたものでした。

自由と希望の街 NYで叶えたかった夢

そんな多感な学生時代、友人と卒業旅行に遂にNYに行くことになりました。

イエーイ!遂に「NYに行きたいかー!」ができる(?)

ここで私は妄想していた本当に他人にとっては意味不明な石ころみたいな夢を実現させるべく、計画をたてたのです。その夢とは

『エンパイヤステートビルのてっぺんでNYの夕暮れを眺めながらWe Live HereのRed Skyを聴く!』

です。….なんですのんそれ、って感じですよね。

同行した私の友人は知らなかったであろう、てっぺんについた途端、挙動不審気味におもむろにCDウォークマン(!)を取り出しそそくさと屋外展望台に出る私の真の目的を。

いつもこの曲を聴くと勝手に↑こんな夜景が思い浮かぶんですよーなんでー? PVとかで観た訳でもないし、まあタイトルと曲からでしょうか。日が落ちたばかりの都会のマジックアワーな夕暮れがありありと目に浮かぶんですね。何故だろう、、、。パットメセニーさんは何かこの曲に念でも込めているのかしらん?(←アブナイ)

ともかく小さい夢を地味にひそーっとですが実現させた訳です。ああ高揚感!ワクワクしながら再生しました。

が。

アレ?

・・・・・・ものすごい雑音

・・・景色は夕暮れ、Red Skyだけど、美しく聴こえてこない曲の方のRed Sky。雑音。脳内の夕焼けにすごくギシギシのノイズが入る・・・。

そう、気がつきましたね私。

問)エンパイヤステートビルはとても高いビルです。とても高いビルは一般的に何に使われますか?

答)電波塔です。

電波塔やないかーい!電波バリバリ干渉するやないかーい!

・・・・・儚い夢はNYのてっぺんで潰えたのでした。心の中で泣く若き日の私。

今となってはいい旅の想い出ですが、聴きたかったなー、赤い空。

その頃はツインタワーも健在。登っておかなかった事は曲を聴けなかったことと同じくらい残念ですが、またコロナ禍が落ち着いて、海外に行けるようになったらまたNY、訪れてみたいかも、と少ーし思いました。この記事を書いてたら。

Amazon プライムに入っている方、よかったら聴いてみてくださいね。同じように念を受け取っていただけたら嬉しいです(送ってない)You Tubeにもありました。

Red Sky

大昔、ライブにも行きました。知ってる曲は感動して涙が出ましたけど、彼の真骨頂らしい不協和音曲は難解すぎて理解不能。やはり理解できないから天才なんだな、、、私凡人。と理解できたのが何よりの収穫でした。

とりとめのない記事、最後まで読んでいただいてありがとうございます!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました