Z会タブレット・スマイルゼミ・ドラゼミ 小学生の通信教育体験記

教育

転勤族小学生。塾か、通信教育か

高学年に入ってから、子どもを教えるどころか教えられてるChikokoです。

算数とか特に一緒にみててもこっちがフリーズするんですけど。私が小学生からやり直したい。あと社会は当然ながら自分の子ども時代から変わったこと、無かったことがホントに多いですね・・・。歴史の中に生きてるんだなあ・・・と変にしみじみしちゃったりして。地図マークとか知らないの結構あるんですよ・・・。

閑話休題。

小学生になったからには勉強はしてほしい。殆どの親御さん共通の願いだと思います。そして出来れば

「やりなさーい!」と言われなくても自ら進んで勉強する子になってほしい〜

自分の過去は棚に上げて身勝手な母ちゃん。

となると、他人の手を借りるしかなく。すぐ思い浮かぶのは塾か通信教育ですよね。

我が家は今現在通信教育を選択しています。

主な理由は以下の通り。

自宅で宿題以外で勉強する癖をつけてほしい(低学年のうちから)

・勉強している様子を見たい(苦手な科目、苦手な部分をなんとなくでも把握したい)

転勤族なので塾だと途中で辞めなくてはならない場合がある。通信教育なら転勤による環境の変化の影響を受けにくい。

・中学受験は転勤があるかもなので残念ながら視野に入れるのが難しい・・・。

・机に座って人の話を聞けない!(学校で授業受けられてるの奇跡)

そして

何より本人が塾に全く行きたがらない!!!!←結局コレ)

まあ、基本的に習い事に関しては「本人に決めさせる」という方針でやっておりまして。

自主性が育っていいかなあと思うことはあるのですが、「スイミングやりたーい!」というので始めたらやっぱ嫌だヤーメタ!みたいなこともあり。これでよかったのかなあと悩むことは正直あります・・・。

選択方法についてはご家庭によって方針も違うと思いますのでそれぞれでご対応いただければと思いますが、我が家の場合は、上記の理由から今のところ通信教育、という選択肢でやっております。

ドラゼミ→スマイルゼミ→Z会 変更した理由

低学年時:ドラゼミ(2年くらい)

低学年でまず始めたのはドラゼミ(現「まなびwith」)。

まなびwith(旧ドラゼミ)

「本人に決めさせる」方式でいくつか通信教育の体験版を取り寄せてやらせてみたところ、ドラゼミがよいとのことだったので始めました。ドラちゃん、かわいいですしね。

で、ドラゼミ、とてもよかったです。基礎だけではなくちょっと捻った問題が素晴らしい。ナゾナゾやパズルのような問題が散りばめられていて、本人も出来た時に「なるほどー!」って感じで手応えを感じていたようです。さすが小学館。

正直、ずっとドラゼミでもよかったかもと思っています・・・

でも途中で変更してしまいます。

何故か。

「ドラゼミ」から「まなびwith 」という小学館の路線変更連絡がきっかけでした。

子どもはドラえもんじゃなきゃ嫌だ、という訳ではなかったのですが、なんとなく腑に落ちない変更だったのと、母の浮気心によるところが大きいです。

働きはじめて添削とフォローアップが辛くなってしまったのと、新し物好きの母、ついつい「スマイルゼミ」の体験会に行ってしまったのです!

中学年時:スマイルゼミ (1年くらい)

スマイルゼミはタブレットオンリーの通信教育です。母がガジェット好きなのでつい体験会へ・・・。正直子どもは意外にも当日は食いつきが悪かったんですよ。ゲームもできるし、紙と違って動くし絶対タブレット欲しがる!と思ってたんですが。ドラゼミでいいかなあ・・・という反応。

子どもはこういうのが絶対好きだろう!という先入観はいけませんね・・・

ほらー楽しそうだよ?ゲームもできるよ?とやや強引に勧める母。(今思えばそれもどうかと・・・という感じですが)

本人が食いついたのは他の会員と競うランキングシステムでした。ドラゼミにはない競争心を煽るシステム。男子心をくすぐったようで、始めてみることにしたのです。

スマイルゼミ 小学生コース

サイトを見ていただけば分かるかと思いますが、とにかく「楽しく学習させる」仕組みがてんこもり。ゲーム、アバター、着せ替え、ランキング。画面もキラキラしていて絶対楽しいだろう!羨ましい!

子ども、暫くはゲームやランキング目当てで夢中になってやっておりました。

が、ゲーム、飽きてしまうんですね・・・。

Switchのゲームの方が楽しいってそりゃ当たり前だ

ゲームに執着しなくなり、課題自体にも執着しなくなるようになり・・・。困った・・・変更しなければよかったか・・・。戻そうか?とも思ったのですが、ここでまた懸念点が。

高学年になると始まる英語。ヒアリングと発音はタブレットの方が得意分野です。まなびwithは紙ベースだなあ・・・。

そこで結局親友君がやっているというZ会、難しそうなイメージだけど選択肢に入れてみるか、となりました。

Z会 タブレットコースはこんな感じ!

通信教育の大御所、Z会のタブレットコース




紙ベースの小学生コース、ハイレベルな中学受験コースがあるのですが、

中学受験コースはしないからナシ!一人でも楽しく進められそうなタブレットコース!(親も楽だし!安易!)

タブレットはiPadを自分で準備する必要があります。あとアプリの動作については若干不満はあります。サクサクいかないというか、グルグルする時間が多いです。でも内容がよいのでその辺は目をつぶっているというのが正直なところ。教材はよいので改善をお願いしたいところです。

立ち上げたホーム画面はこんな感じ。

先生と毎月お手紙をやりとりしたり、親も携帯にアプリを入れることでメッセージを送ることができます。これがまあスマイルゼミと比較すると面白味がないので、すぐに使わなくなりました・・・。

左上のメニューアイコンをタップすると左側にメニューが出てきます。

学習カレンダー。毎日やる時間とコマが割り当てられていて、真面目な子であれば毎日コツコツやればちゃんと終わる仕組みになっています。予備日も入っているので毎日ずーっとやらなくても大丈夫。なんですが、我が子はまとめてやってたり、やっていなかったり!!(今回また発見した・・・)

学習状況とテスト結果。結果はプライバシーなのでふせておきますが、10月分 5/7!終わってないぞーーー。

ランキング、ではないけれど進捗具合で世界旅行がどんどん進む、という仕組み。

じ、地味・・・。でも我が子は思ったよりチェックしており不思議・・・。

他の会員と競いあう学習イベントもあります。これまた地味なんですけどね・・・。

担当の先生とのお手紙のやり取りの他にも質問コーナーで質問できます。この辺がタブレット完結型のスマイルゼミ と違ってよいところだと思うのですが、我が子、質問したことなーーーい!全て分かっている訳ではなくて多分面倒くさいから・・・。

タブレットとはいえ、やっぱり親のチェックは必要でした・・・

3つの通信教育、それぞれに感じた特徴(母目線)

こだわりが無さすぎというか割と適当な理由でコロコロ変更してきた通信教育ですが、個人的に感じた特徴は以下の通りです。

ドラゼミ:問題数は少なめだけど良問。ひねった応用問題が◎。国語、算数はとてもよいけど理科社会は少し教材が弱いように思う。(中学年までの感想です)親の丸つけが必要。(でも丸つけすることで親が学習状況をきちんと把握できる)

ドラゼミ:問題数は少なめだけど良問。ひねった応用問題が◎。国語、算数はとてもよいけど理科社会は少し教材が弱いように思う。(中学年までの感想です)親の丸つけが必要。(でも丸つけすることで親が学習状況をきちんと把握できる)

スマイルゼミ:子どもが楽しいと思う仕掛けが素晴らしい。ゲーム目的で頑張れるけど、ゲームに飽きてしまう場合もあるかも・・・。親が使うアプリもよくできていて、タブレットの良さが遺憾無く発揮されているように思います。問題がやや短調に感じました。

Z会(タブレット):問題は質実剛健な感じ。面白みには欠けるけど良問。タブレットは最低限機能はしているけど、動きがもっさりしていて改善の余地あり。(ただ、メインは小学コースや中学受験コースだと思われるのでタブレットコースは少数派で対応が後回しになっているんではないかな・・・と予想してます)

こうしてまとめていると、Z会タブレットがオススメか?というと難しいところなんですよね正直。とりあえず現時点では本人も続けるみたいですが、将来的にはどうしようかなーという感じです。もう少し使い勝手よくしてほしいところです。でも、この記事まとめてよかったです。我が子のサボり具合をきっちり把握できました・・・。私も反省。もっと積極的に関わらねばと思いました!

少々情けない体験談になってしまいましたが、反面教師的にご参考になれば幸いです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました