MENU
ちここ
ガジェット・ITで手抜きをやる気な40代母ちゃん。ずぼらすぎてホットクックまで挫折(なんとか復活)洗濯物は干物方式。老後が心配でリングフィットLv600、年金が心配でほったらかしNISA投資。楽に楽しくを追求します
リングフィット+Mi bandで正月太り 解消中!

LINEの年賀状「スマートねんが」を口コミ!作り方や料金など。主婦が試してみた

年賀状を書く人

昨年「年賀状はやめます!来年からはLINEでご挨拶させていただきます!」宣言をしました。

文例を考えて実行した経緯はこちら

>> 年賀状やめる宣言!前向き文例で友達にご挨拶

今年からメインはLINEなので、ちょっと工夫してご挨拶したいもんだなーと思っていたら、素晴らしいサービスがスタートしました!

その名も「スマートねんが」

早速試してみました!

目次

スマートねんがとは

デジタルもアナログも両方可能

LINE と日本郵便が提供する”デジタル完結型年賀状”、それがスマートねんがです。

デジタル完結とはいっても

「LINEのみ送る」「LINE経由で郵便形式の年賀状を送る」どちらも可能になるのが優れもの。

Youtube公式ムービー

>> スマートねんが(1:20)

どんな特徴、メリットがあるのでしょうか。

スマートねんがのメリット・特徴7点

スマートねんがのメリット・特徴

・自作の画像、動画、ボイス(Android非対応)、動くスタンプ、エフェクト付き年賀状を送れる

・200円から。送り先は無制限

・年賀状データを年度ごとに管理できる

・いつでもどこでも年賀状が作れる

・相手の住所を知らなくても紙の年賀状が送れる

・LINEポイントのお年玉年賀くじを送れる(紙は対象外)

・紙の年賀状よりコミニケーションが増える可能性

LINEで動画を送れるのは当たり前なんですが、お年玉くじつき年賀状としてLINE年賀を送れるのはうれしい!

年賀状って「お年玉が当たるかも…」というワクワク感がいいんですよね。

スマートねんがならその楽しみもそのまま味わえそうです。


また紙の年賀状は「受け取った側が自分で住所をLINEで入力する」ことで受け取り可能になる仕組み。

相手の住所を知らなくても紙で送れちゃいます。


また年賀状の管理、大変じゃないですか?

昨年送ったかな?もらったかな?もらってないから送らなくてよかったかな…

毎年こんな感じでした…。

今年送った人、もらった人、こなかった人etc…毎年分類してましたけど、大変。

家族ごとに管理するのも大変。

LINEの年度別管理機能があれば管理も簡単!

期待したいです!

スマートねんがの作り方

公式アカウントを友だち登録

公式アカウントの「スマートねんが」を友だち登録します。

下記の公式QRコードをスキャンすると簡単に登録できますよ。

>> スマートねんが公式アカウントQRコード

トーク画面から作成

トーク画面を開くとこんな感じ。

「年賀状をつくる」から作成します。

わかりやすいですね!

無料お試し版を試してみた

新しく年賀状をつくる→試しにつくってみよう!無料体験版の「さっそく体験してみる」ボタンを押すとお試し作成ができました。

5つのテンプレートから好きなものを選択、写真や手描き文字、動くスタンプ、ボイスを入れたりとちゃちゃっと加工できてしまいます。

手書きについては1番細い設定でも素手だと結構描きにくい…。ペンがあると細かく書けるかもしれません。

あと宛名面の入力は任意で未入力でも送付可能ですが、白紙の宛名面が相手に表示されるので要注意です。

そして…残念ながらお試し版は送付できません!(あたりまえかー)

いいかも!実際に送りたいと思ったら有料版を購入する必要があります。

購入前にまずはお試し版で確認してみることをおすすめします。

有料版を作ってみた

有料版の料金・価格

試してみて「これは使いやすいしいけそう!」と思ったので有料版を購入することにしました。

年賀状パックといって3種類の値段設定になっています。

年賀状パック
  1. トライアルパック 200円(5種)1枚は白紙デザイン
  2. ベーシックパック 300円(20種トライアルのデザインに+15種
  3. プレミアムパック 500円(30種)ベーシックのデザインに+10種

年賀状のフォーマットデザインの種類によって価格が異なっています。

正直トライアルパックにも動画デザインが含まれていて十分可愛いです!

好みのデザインがあるパックを選択すればOKだと思います。

トライアルパックを買ったあと、「やっぱりプレミアムのデザインがいいな… 」という時は差額分でアップグレードできるのもうれしい!

紙の年賀状を送る場合は別途1枚あたり230円がかかります。

アップグレードはいつでも可能みたいなのでとりあえずトライアル版を購入してみることにしました。

購入はLINE payかクレジット

支払い方法はLINE payかクレジットカードの2択です。

私はLINE payを使っていなかったので、これを機にアプリダウンロード→セブン銀行で必要分チャージ、で対応しました。

ボイスはデフォルト再生ではオフ

できる内容については無料お試し版と同じです。

ボイス機能は現在iOSのみ対応のようですが、こんな感じで録音可能。

デフォルトは音無しで再生、受け取った側がマイクボタンをタップすることで再生可能になるので安心です。

ハートは動くスタンプ。そして手書きが下手….

事前に予約送信設定はできません。

元旦に忘れず送信することが必要になりますね。

まとめ:より会話が広がるかも

スマートねんがのメリットをまとめます。

スマートねんがのメリット・特徴

・自作の画像、動画、ボイス(Android非対応)、動くスタンプ、エフェクト付き年賀状を送れる

・200円から。送り先は無制限

・年賀状データを年度ごとに管理できる

・いつでもどこでも年賀状が作れる

・相手の住所を知らなくても紙の年賀状が送れる

・LINEポイント年賀くじを送れる(紙は対象外)

・紙の年賀状よりコミニケーションが増える可能性

公式動画にもありますが、LINEで送ることによって

「赤ちゃんの動画かわいい!久々に会いたいね!」

「北海道に行ったの?いいね〜!おすすめ教えて!」

なんて、自然な会話をかわせるいいきっかけになるのでは?

紙の年賀状より会話が広がる、コミニケーションを増やせる可能性、多いにあると思います。

デジタルだから味気ない、ではなく今までよりいい関係をつないでいける。

そんな新しいコミニケーションのあり方のひとつになりそうです。

ぜひ、LINEのスマートねんが、検討してみてくださいね!

>> スマートねんが公式アカウントQRコード

追記:見れない送れない開けない!不具合続出

大変残念ながら、今年は結局送信を諦めました…。

300円の損失。そしておすすめしておいてこんな結果になって本当に申し訳ないです…。

日本郵便に代わってお詫び申し上げます…。

不具合の顛末、問題点、改善してほしい点、急遽とった代替策などについて走り書きしてみました…(せめてネタにさせて…)

>> スマートねんが送れない開かない繋がらない…不具合体験記と代替案

今回は残念でしたが、基本的にはよい方向性だと思っています。

来年はよりよいサービスになっていますように!

年賀状やめる文例を考えました

>> 年賀状やめる宣言!前向き文例で友達に2022年のご挨拶。40代がラインにした話

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる