MENU
ちここ
ガジェット・ITで手抜きをやる気な40代母ちゃん。ずぼらすぎてホットクックまで挫折(なんとか復活)洗濯物は干物方式。老後が心配でリングフィットLv600、年金が心配でほったらかしNISA投資。楽に楽しくを追求します
スマートウォッチでできること20選 ←

Mi band 6 ワークアウトのアプリ設定と使い方レビュー。リングフィット編

Mi band 6にすっかりハマっております。

日常生活、ウォーキング、睡眠が楽しくなるオトナのおもちゃです(笑)

健康維持のために続けているリングフィットアドベンチャーと組み合わせて使ってみたところ、わかったことなどを書いてみたいと思います。

目次

30種類のワークアウト、6種類の自動検出

効率的なトレーニングの友。Mi band。

30種類のワークアウトに対応しています。

mi band 6 のワークアウト設定
mi band 6 のワークアウトアプリ

アイススケートにはびっくりしました。ズンバとかヨガはいつか使ってみたいなあ。

基本的にはワークアウト前にこれを始めるよ!とGOボタンをタップする必要があるのですが。

6種類の運動(ウォーキング、サイクリング、アウトドアランニング、トレッドミル、ローイング、エリプティカル)に関しては自動検出してくれるのでタップ不要。

ウォーキング、サイクリングは日常動作なので自動検出はありがたい!

Xiaomi Mi band ワークアウトの設定方法

自動検出以外のワークアウトにすぐアクセスできるように設定しましょう。

mi band 6 のワークアウト設定
  1. アプリのホーム画面下「プロフィール」をタップ(ワークアウトではないですよー)
  2. 「Mi スマートバンド6」をタップ
  3. 「スマートバンド設定」をタップ
  4. 「ワークアウト設定」をタップ
mi band 6 のワークアウト使い方

この画面でよく使うワークアウトの順番を入れ替えましょう。

私は正直「屋内フィットネス」モードでリングフィットのみ!

いつかトレッドミルとか言ってみたい(トレッドミルッテナニ?)

リングフィット+ シャオミMi band

スマートウォッチのワークアウト
今は「フィットネス」をトップに配置してます!

ピクトグラムさんみたいでカワイイ ワークアウトのアイコン。

mi band 6 のスタート

GOしてみましょうー。

インテンシブ(運動レベル3)

リングフィットでフィットネス

ちょっと負荷がかかるモモアゲアゲ、大好きヨガのポーズなどで息切れしない程度のメニューの後。

インテンシブ

インテンシブ。

 今どれくらいの運動負荷がかかっているのか、無酸素運動状態なのか有酸素運動状態なのかを知ることができるんですね。

  1. リラックス
  2. ライト
  3. インテンシブ
  4. 有酸素
  5. 無酸素
  6. VO2 max(最大酸素摂取量)

数字が大きくなるにつれて激しい運動をしている状態。

VO2 Maxとは、運動中に体が消費できる最大酸素量を表すそうです。

ようはラスボス状態?

脂肪が燃えるのは④の有酸素状態ってことなんでしょうね。まだ足りない。

有酸素(運動レベル4)

リングフィットのマウンテンクライマー

リングフィットの中で最強運動強度だと思うマウンテンクライマー。しんどすぎますね。

ワークアウトで有酸素

やっと有酸素になった・・・。無酸素かと思ったのですが。

20分程の運動の結果

リングフィットの結果

リングフィットは待機時間等をのぞいて実際に身体を動かしていた「合計活動時間」を計測します。

約20分の運動で100kcalの合計消費カロリーと出ましたが

平均BPと時間、カロリー

Mi bandでは 185kcal!

Mi bandの時間は動いてない時間も含まれているので時間に差があるのはわかりますが、だいぶ違いますね。

Mi bandの方が多くカウントされることがわかりました。

アプリでの詳細解析

アプリでフィットネス

平均心拍数や最大心拍数もわかります。

最大は間違いなくマウンテンクライマーの後だろうなあと思っていましたが、

mi band 6で心拍数

やっぱり、マウンテンクライマーをやった15分あたりに山がきてるー!

mi band 6 の心拍ゾーン

20分の運動で無酸素状態はたったの1分でした!

ラスボス VO2 Maxに到達するのは相当頑張らないと無理そうです。

まとめ:効率的なダイエット、筋トレで健康に

Mi bandをつけた状態でリングフィットをやってみてわかったこと。

リングフィット+Mi bandでできること
  • Mi bandのカロリー量の方が多く出る
  • リングフィットの面倒な脈拍計測が不要に
  • 有酸素、無酸素状態がリアルタイムでわかる
  • ダイエットなのか筋トレか逐次調整可能
目的な合わせて状態をコントロールしやすい!

リングフィットの機能でも脈拍計測が出来るのですが、ステージが終わったあと、指をあてて計測する時間が面倒でいつもスキップしています。

Mi bandはリアルタイムで計測、リアルタイムで状態を確認できるので、ダイエットしたい時は「有酸素」をキープ、筋トレなら「無酸素」目標に、より意識的に、効率的に運動に取り組めるなあと感じました。

正直、多めに計測されるのもウレシイ

ぜひMi bandでより効率的なリングフィット活動、体験してみてくださいね!たのしいです〜。

Mi band関連いろいろ書いてます

>> 腕時計いらない苦手派のMi band。スマートウォッチレビュー④(つけ心地編)

>> Mi band 6 主婦の使い方。スマートウォッチレビュー①(おしゃれ重視編)

>> Mi band 主婦の使い方。スマートウォッチレビュー②(機能編)

>> 正月太り解消!あすけんダイエットアプリの設定。スマートウォッチと連携しよう

>> 「防災+新型コロナ対策」スマートウォッチ Xiaomi Mi band 6でできること

↓↓日本語版です。Amazonでは2022年1月で5000円台。楽天セールとの組み合わせでどちらがお得か悩むところ…

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる