\ よく書いてるカテゴリーです /
ちここ
ガジェット・ITで手抜きをやる気な40代母ちゃん。ずぼらすぎてホットクックまで挫折(なんとか復活)洗濯物は干物方式。老後が心配でリングフィットLv600、年金が心配でほったらかしNISA投資。楽に楽しくを追求します
格安スマートウォッチで、できること→ 23選

シャオミ スマートバンド Mi band 6 と 7の違いと比較。おすすめはどっち?!

大人気の低価格・高性能スマートウォッチ、Xiaomi Mi band 6の後継機、Smart band 7がついに登場!

Mi band 6を1年弱、使いたおして満足していましたが、7も試してみたくなり購入してしまいました。

6と7の違い、価格とのバランスでどちらを買うべきか、体験を踏まえて口コミします!

この記事はこんな疑問をもつ方におすすめ
  • シャオミ スマートバンド 6 より7の違いは?
  • どちらを買うべき?
  • 7のメリット・デメリットは?
  • そもそも Mi band でなにができるの?
  • アップルウォッチとどう違うの?
目次

Xiaomi Smart Band 6 と7の違い

6と7の比較表

売れに売れた mi band 6。もう手放せない!便利すぎて肌身離さずつけてます。

新作の Smart band 7。名前も変わってよりパワーアップ!

主な違いだけを抜き出し、簡単にまとめました。

比べて有利かな!という箇所は赤文字にしました

Mi band 6Mi band 7
ディスプレイ1.56 インチ1.62インチ(6よりも約25%拡大)
重さ(本体のみ)12.8 g 13.5g
交換バンド互換性(5,6で共用しやすい)(6よりちょっと大きい)
輝度最大450nits最大500nits
明るさ調整5段階100段階
Always on display×
火星アニメ(モーション表示)×
最大酸素摂取量測定×
血中酸素濃度測定△(マニュアル計測)(24時間モニタリング可能)
エクササイズモード30種類110種類以上
ヘルスゲームアプリ×
Googleカレンダー同期×
定価(実売価格)※日本語版5,990円(4,792円)7,990円(6,490円)
※実売価格は2022年7月13日時点でのAmazon価格になります

7のメリット

以下、最新版で個人的に気になる、よいと思った変更です。

画面が大きく、明るく

mi band 6と7の違い
左が7、右が6
mi band 6と7比較
大きさはより「時計」に近くなった印象

6の1.56インチから 7は1.62インチへ。

6よりも約25%拡大しました。画面が見やすくなった分、幅が大きくなった印象ですね。

輝度も 6 の 450 nitsから 500 nitsに。

明るさ段階の調整も5段階から100段階へ。

明るさや明るさの調整しやすさは7に軍配!

AOD(常時表示)機能追加

smart band 7常時点灯
ホワイトやイエロー等単色で簡易表示

6は基本画面はオフ、タップするか手首を持ち上げる動作をすることで画面がオンになる仕組みです。

ただ手首持ち上げ機能も効いたり効かなかったり、時間だけ見たい時のタップは結構面倒…

7は省電力しながら時計を常時表示することが可能、しかも 7:00から 22:00までは表示、などの時間指定もできます。

これは便利そう…!!

Google カレンダー連携

Googleカレンダーを使っている方には朗報!!

スマートウォッチでスケジュール確認できるようになりました。

グーグルカレンダー使いには嬉しすぎる追加機能ではないでしょうか。

私はTimetreeという別のスケジュールアプリを使用しているのですが、

スマートウォッチと連携、めちゃくちゃ便利!!と痛感しているので

Googleカレンダーを使っている方にはぜひ!この便利さを体感してほしいなと思います。

7のデメリット

以下、個人的に使ってみて「デメリットかなあ…」と思った点です。

大きい… おしゃれ度は減?

xiaomi miband 6 7違い
丸く大きく育ちました

長所であり、個人的に最大の難点。

スタイリッシュさ、ブレスレット感が減り、時計感が増した〜

時計らしい他のスマートウォッチの形がどうも嫌で、mi band 6を選んだクチなのでちょっと残念。

気にならない方は全然気にしなくていいと思います!

7を使っていきたいので、慣れようかなー慣れるかなー….。

かわいいステンレスバンドが出てきたら、即買いしてレビューします!(自分のため

シャオミ スマートバンド6と7の共通点

主な共通機能は下記になります。

  • 血中酸素濃度測定(パルスオキシメータ的な機能)
  • 睡眠モニタリング・睡眠の質分析
  • 24時間心拍数モニタリング
  • ストレスチェック
  • 歩数計
  • 女性の健康トラッキング
  • 電話着信通知
  • LINEなどアプリ通知
  • 呼吸エクササイズ
  • あらゆる運動に合わせたエクササイズモード
  • スマホを探す
  • 座りすぎアラート
  • バイブレーション目覚まし機能
  • ワークアウトログ
  • 天気予報
  • 音楽プレーヤー操作
  • リモコンでカメラ撮影
  • 水泳も出来る防水機能
  • オリジナル画面設定
  • 懐中電灯

Smart band 7 できること23選

Mi band 6よりもできることが増えました。

下記で実機画面も合わせて紹介しています。

Mi band 6の詳細

もう、今では肌身離さず、私にとって、なくてはならない存在の Mi band。

使い倒している Mi band 6 で実際のところを詳しく解説しています↓

Smart band 7の初期設定

開封から充電方法、アプリ設定をして使えるようにするまで、についてはこちらに記事に書きました。

替えバンドの互換性についても検証しています!

Apple Watchとどう違う?

mi band apple watchの違い

スマートウォッチ=アップルウォッチ

こういったイメージを持たれている方も多いようです。

違いを簡単にまとめると…

Apple Watch= 価格10倍、ステイタス感、最新機能全部入り、重い、大きい

Mi band=価格 10分の1、カジュアル感、買い物・電車・心電図等不可、小さい、軽い

といったところでしょうか。

実際に両方つけてみての比較、思ったことはこちらに詳しく書きました。

6と7、どっちがおすすめ?

おすすめはこんな方

シャオミ スマートバンド(Mi band)6 と 7、どちらを買うべきか。

2022年7月現在で、私が思う向き、不向きな人をまとめました。

6 がいいかも!
7がいいかも!
  • 使いこなすことに不安がある方(ネットでの使用例、情報が多い)
  • 交換バンドをいろいろ楽しみたい方(まだ7の替えバンドは少なめ)
  • 常時点灯でなくてもよい
  • 充電持ちは長い方がいい
  • 少しでも軽く、小さい方がいい
  • 時計らしくないブレスレットっぽさが好き
  • とにかく少しでも安い方がいい
  • 情報少なめでも使いこなすのに自信がある方
  • 交換バンドはあまりこだわらない
  • 常時点灯したい
  • 充電は数日に1回で間に合えばOK
  • 画面は大きめ、見やすさ重視
  • 時計らしくてOK、最新機能重視
  • とにかく新しいものがいい方

いずれにせよ 6も7もほんとーーーにコストパフォーマンスに優れた素晴らしいスマートウォッチであることは間違いないです!

少しでもスマートウォッチに興味がある方はぜひ!Xiaomi Smart band、おすすめですよ〜!

お得なキャンペーン情報

7の日本語版は2022年7月に出たばかり。

替えバンドや保護フイルムがつくキャンペーンがあったり、価格も変わっていたりしますので

下記から確認してみてくださいね。

\お得なキャンペーンをチェック♪/

\ ”Smart band 7”をチェック ♪/

スマートバンド 6 と7 比較

>> 新作7登場!できること23選

>> Mi band 6で できること20選

>> 7 実機を初設定!使い方・アプリ・交換バンド

>> 6 と 7の違いと比較。買うならどっち?!

>> Mi Fitness と Zepp Life。アプリはどっち?

スマートウォッチ、いらない?

>> いらない派のモヤモヤを考えてみた

Apple Watch と どう違う?

>> Apple Watch 7とどっちがおすすめ?

>> 高齢の父にはApple Watch 7を贈った理由

健康サポートの機能充実!

>> ワークアウト機能について

>> 予測寿命を延ばす仕組み?

>> 防災+新型コロナ対策?!

>> vs 保健所支給のパルスオキシメーター比較

>> あすけんダイエットアプリと連携

交換バンドを楽しもう

>> 交換バンドでおしゃれを楽しむ

>> 腕時計苦手でもつけ続けられるの?

体重計と連携で相乗効果バツグン!

>> 乗るだけ!スマート体重計で身体分析

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次